• 山田はるみ

「あせらず、おこらず、あきらめず!」今の私にぴったり☆

こんにちは。



表題の標語は、どこかで見つけたキャッチです。



今の私にぴったり!と思って写メしました。

いよいよ始まった選挙活動です。



この期間は配れるビラの枚数が限られています。 

1枚1枚、気持ちを込めてお渡ししていますが

迷惑そうな顔をする方も沢山います。



どうかご勘弁を・・・と心の中では思っています。

だって、私も出勤前に急いでいたら、そう思うから(苦笑)



でもね、私も当選しなければ区民の皆様のお役には立てないので

やっぱり私を知ってもらう必要があるのです。



そもそも私が出馬を決めたのは、

母親目線が区政に必要だと思ったから。



なぜなら、育児も育成も同じだと痛感したからです。


営業力が武器の私が、高齢出産をして育児を経験した事で育児の経験もビジネスキャリアに大きく関係するのだと実感したのです。


子供の声、女性にしか気が付かない部分の声・・・


男性社会に届いているのでしょうか?



住みやすいと評判の荒川区です。


これからの未来に必要なのは、これから親になる世代、育児真っ最中の世代が区政に参加することだと思っています。


20代~30代の投票率が10%でも上がれば、区政は変わります。


私自身も選挙制度には疑問があります。


しかし、まずは投票することが参加する第一歩です。


忙しいし、興味ないし・・・そう思っている方は多いでしょう。



誰に投票してもいいから、投票所へ行って欲しい!!



本当に、そう思っています。



私の思いが一人でも多くの人に届いて投票率が上ったら・・・


間違いなく、荒川区が変わります☆


気付いて欲しい・・・あなたのその1票は候補者のためのモノではない。



荒川区民全員のモノであるという事に。


#荒川区

#選挙

#山田はるみ

#新人

#日本維新の会

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

荒川区議会11月会議

おはようございます。 12月になりましたね。日中も大分冷えるようになってきましたが、皆様におかれましては体調など崩されていませんでしょうか。 師走の忙しい時期、どうぞご自愛くださいね。 さて選挙が終わって以来、ドタバタと議員一年目を駆け抜けてきたことで、全く活動報告や発信が出来ておらず申し訳ありません。。 先日区議会にて11月会議が開かれました。 今回私は 児童相談所へのシニアサポーター制の導入

©2019 by 山田はるみ. Proudly created with Wix.com