• 山田はるみ

きっと未来は・・・Ⅱ

こんにちは。


前回のブログ、オチまで書けていなかったので

「Ⅱ」にしました。


タヌキさんの話からアパレルの足長おじさん。

そしてバイヤーのお仕事と合コンのプロ!で終わってましたね。



その後は、派遣でしたが秘書として勤め

また、社員数1万人規模の某大手証券会社にも勤めましたが・・・

組織の膿を出すトラブルに一石を投じ、立つ鳥跡を濁さず!


ではなく、思いっきり跡を濁して去りました(笑)

当時の社長から派遣である私が呼び出されたんです。



そして真摯に聞く姿勢で私と向き合って下さいました。

(さすが!HRが分かってらっしゃるアメリカ帰りの社長さまでした)


その姿勢にお応えすべく、私も辞める覚悟で全てをぶっちゃけて

お話したのです。 スッキリ~☆

(その後は人事のテコ入れがあったようですよ)



さて、次への転職は「保険セールス」です。

皆さん、「保険のおばさん」というイメージが強く

偏った既成概念をお持ちではないですか?


当然、私も持っていましたので最初は拒否反応でした。

でも、当時の支社長との面接で言われた一言が

私の心を動かしたのです・・・


「山田さん、この仕事に営業のキャリアは必要ないのです。

あなたの生きてきた、その人生経験がキャリアなんですよ!」と。


この言葉で、スイッチが入りましたーーーー☆

(自分で言うのもオコガマシイですが)私は褒めて頂くことは多々あります。


しかし、言われた私ではなく、こういう事を言える方が素晴らしいです!


前回も書いた「人事の足長おじさん」や、この支社長も「凛と」してるんですよね~☆

私も「凛と」したい!!


・・・で、保険セールスになりました。


そして、42歳で高齢出産をし母となり、育児と仕事の両立生活が始まるのです。



母親業って「お世話」がメインな仕事ですが

生まれ持った子供の素質・気質などの個性は活かしつつ育てる!



これがまた、口で言うほど上手くはいかない(>_<)



1日が24時間以上あったら・・・

ドラえもんの「どこでもドア」があったら・・・



毎日、そう思ってましたね(笑)



転職を繰り返してきた私は、自分のやりたい!を叶えるために動いたり

人から声をかけてもらっての転職ばかりです。



そして、転職先でいつも思うのは・・・

「あぁ、私はこの人に呼ばれたのかな~」と思わされる人との出会いです。

保険セールスになったのは、間違いなく「我が子」に呼ばれたのだと思いました。



セールスになってなければ産んでいなかったと思うからです。

最近は、更年期と戦うお年頃の自分を労わりながら

42歳も年の離れたこの子の未来って・・・と。

そう思う事が増えてきました。


明るい未来であって欲しい・・・

ん??、願うだけでなるのかしら??


3回の閲覧

©2019 by 山田はるみ. Proudly created with Wix.com